神奈川県藤沢市:USBメモリーデータ復旧
折れたUSBメモリーのデータ救出が可能です。
おかげさまで創業15周年 データ救出専門店 下田商会
電話番号:0466-48-2386

パソコン修理スタッフ ブログ
パソコン データ救出・データ復旧 営業時間 朝9時から夜7時まで
メールはここから送信できます
USBメモリー修理申し込み書類ダウンロード
訪問販売法の表記
代表の下田です。
起業コンセプト 技師長の紹介
USBメモリー修理 日本全国 宅配便利用で対応可能です!
USBメモリー修理 日本全国 宅配便利用で対応可能です!
日本全国完全対応!
パソコン宅急便集荷申し込み
USBメモリー修理 日本全国 宅配便利用で対応可能です!
パソコン宅急便概要 パソコン宅急便は、ノート型パソコンからプリンタまで、一般的にご家庭で使われているパソコンおよび周辺機器を、簡便かつ安全に輸送します
※重要 HDDの送り方
※重要  PCの送り方
USBメモリ復旧 施工例1
「ドライブFのディスクはフォーマットされていません。いますぐフォーマットしますか?」
USBメモリーデータ復旧
USBメモリが、突然「ドライブFのディスクはフォーマットされていません。いますぐフォーマットしますか?」と表示されて、中身のファイルが読めなくなってしまったUSBメモリーが持ち込まれました。 この症状の場合は結構な確率データ復旧が可能になります。 もしもこういった症状になった場合には焦らず!現状のままお送りいただければ復旧率が高くなります。 データ復旧にかかる費用も大体3万円程度です。 写真は要救助USB(ELECOM社製の赤)と納品に使用したUSBメモリー(青)
USBメモリ復旧 施工例2
カバンの中で潰れてしまい認識することが出来なくなってしまった!
USBメモリーデータ復旧
いつもどおりカバンの中に入れていたら認識できなくなっていたUSBメモリー。
カバンの中で他の物に押されて先端が曲がっていたらしい・・・。 困ったお客様が当社にデータ復旧依頼をされました。 当社に到着後、早速分解してみるとUSB接続コネクタ基盤側の半田が割れていて接触不良になっていました。 物理的に壊れていたので認識できなかったのです。 データ復旧の方法として、先ずは半田付けして剥離していたコネクタ部分の補修を行います。 幸い今回のUSBメモリーは半田付けだけで無事に認識することができたので、格納されていたデータをすべて別のUSBメモリーにコピーしてあげて作業完了です。 作業代金は3万円でした。
USBメモリ復旧 施工例3
突然認識出来なくなってしまったUSBメモリ復旧
USBメモリーデータ復旧
「前日の夕方まで正常に動作していたのに、今日の朝になったら全く動かなくなった!!」というUSBメモリーが緊急入院しました。 お客様は急ぎの仕事のデータが入っていたらしく涙目でして・・・ それを横目に緊急サルベージとなりました。 しかし状況は非常に悪く、状態は重論理障害!! 障害箇所は1ミリ×0.5ミリくらいのチップコンデンサーだったのです。 こんな小さな部品を半田付けで交換するのは無理!!! ですが諦めないで特殊技法と治具をこしらえて暫定延命処置を施して、その間にデータを復旧してあげて無事に作業完了です。 きっと日本中でこんな技を使って復旧するには当社くらいでしょうね。
USBメモリ復旧 施工例4
水没USBメモリ復旧
USBメモリーデータ復旧
先日の出来事なのですが、仕事の関係の飲み会でやってしまいました!!! 自分の膝にお鍋(もつ煮込み鍋の冷えたヤツ)を思いっ切りこぼしてしまって・・・。 やけどはしなかったけど、ポケットの入っていたUSBメモリーが味噌味になってしまって(水没)とてもPCに接続できる代物では無くなっていました。 お酒も入っていたので直ぐに作業できる(サルベージね)自身が無かったので、取りあえず外見だけは拭いてあげて、USBメモリーを乾かさないように透明のビニール袋に入れて会社に持ち帰り、そのまま就寝。 朝、起きて昨日の失敗を思い出して・・・(汗) というか事の重大さに気づいて、あわててUSBメモリーを分解! 無水アルコールを使って内部の異物と異液を完全に除去しました。 そういった下処理をしてから乾燥させてあげてからデータ復旧用PCに接続して確認します。幸い、認識はしましたよ。認識はね!データーについてはサルベージが必要でしたが無事だったので、ほっとしました。お酒を飲むときにはパソコン系のパーツは気をつけないとね。
データ復旧依頼品ギャラリー
破損品 USBメモリー
USBメモリーデータ復旧するための配線加工
破損品 USBメモリー
破損品 USBメモリー
破損品 USBメモリー
破損品 USBメモリー
USBメモリーデータ復旧するための配線加工
破損品 USBメモリー
USBメモリーデータ復旧
データ復旧依頼品
データ復旧依頼品
半田付けしたUSBメモリー
USBメモリーデータ復旧完了
USBメモリーデータ復旧状況
USBメモリー コネクター破損品
USBメモリー破損状況
USBメモリー破損状況
USBメモリー破損状況
USBメモリー破損状況
USBメモリー破損状況
パソコン データ救出・データ復旧 営業時間 朝9時から夜7時まで
USBメモリーデータ復旧・データ救出専門店 下田商会
下田商会の守秘義務・情報保全に関する社内教育・社員教育は防衛察本部コンプライアンス・ガイダンスを元に行っております。
パソコン修理・データ復旧 下田商会 HOME > データ救出・データ復旧 > USBメモリーデータ復旧
※データ復旧の依頼方法 クリックしてください依頼方法のページ
お見積もり・初期診断 無料
USBメモリーのデータ復旧費用 3~5万円程度で可能
※重度障害の場合には5万円~となります。
USBメモリーに保存されていたファイル・データを復旧します。
日本全国のお客様からUSBメモリー復旧USBメモリー修復USBメモリーデータ復旧のご依頼を頂いております。 どんなに遠方でもクロネコヤマトの宅急便を利用して全国対応いたしておりますので、お気軽にお問い合せください。
ドライブ ( J ) のディスクはフォーマットされていません。 今すぐフォーマットしますか?
USBメモリーのエラーメッセージ

ドライブ ( J ) のディスクはフォーマットされていません。 今すぐフォーマットしますか?

と表示されてしまいUSBメモリーにアクセスできない。データが読み出せないなどの症状でお困りでは無いですか?

当社では写真左の様な状態からでも高確率でのデータ復旧が可能です。(作業費用3万1500円 + 別途納品メディア代です)

お急ぎのお客様には即日対面でのデータ復旧作業も可能です!

※復旧不可能なケースや高額になるケースがありますが、当社では見積り診断費用は無料なので(往復の送料のみお客様ご負担)諦める前にまずは無料診断をお勧めします。

教育機関向け USBメモリ復旧・USBメモリー修復・USBメモリーデータ復旧
守秘義務誓約書 発行可能です。


USBメモリーのデータ復旧します学校で使用しているUSBメモリー復旧します。このUSBメモリーにしかデータが保存していないんです(泣)
当社に依頼があるUSBメモリの殆どが「このUSBメモリーにしかデータが保存していないんです(泣)」というものです。 
それにプラスして学校の先生からの依頼が8割超という状況・・・。 


Dr.シモダが過去に「大磯町生涯学習課・茅ヶ崎市教育委員会・大和市教育委員会」の仕事をしていた関係で特に、先生からのご紹介や持ち込み案件も多いです。 学校の先生からのデータ復旧依頼に対しては優先的に作業を行いますので是非ご利用ください。


当社ラボによるUSBメモリ復旧・USBメモリー修復・USBメモリーデータ復旧
物理作業療法 施工例 その12


↓このUSBメモリーデータ復旧費用
3万円+消費税
認識しないUSBメモリーコネクター断線部分
パソコンにUSBメモリーを刺したまま、ぶつかってしまい認識しなくなってしまったUSBメモリーです。
障害個所はUSBコネクターと基板を接続する部分の断線が直接的な原因でした。写真右上の断線箇所を物理的にジャンパーさせて強制通電を行いました。 この方法を行う前段でテスター等の計測機材を使用して破損個所を特定してからの作業となります。

当社ラボによるUSBメモリ復旧・USBメモリー修復・USBメモリーデータ復旧
物理作業療法 施工例 その11


↓このUSBメモリーデータ復旧費用
3万5000円+消費税

認識しないUSBメモリーからのデータ取り出し半田付けが困難な場合はこの様なジャンパーが効果的
パソコンにUSBメモリーを刺したまま、ぶつかってしまい認識しなくなってしまったUSBメモリーです。
今回の障害個所は複層基板内部の断線が直接的な原因だった為、写真右上の様に断線箇所を物理的にジャンパーさせて強制通電を行いました。 この方法を行う前段でテスター等の計測機材を使用して破損個所を特定してからの作業となります。
半田付けが困難な場合には有効的な施工方法と言えます。



当社ラボによるUSBメモリ復旧・USBメモリー修復・USBメモリーデータ復旧
物理作業療法 施工例 その10


↓このUSBメモリーデータ復旧費用
4万円+消費税

曲がってしまったUSBメモリーのデーター復旧曲がってしまったUSBメモリーのデーター復旧
パソコンにUSBメモリーを刺したまま、ぶつかってしまい、折れ曲がって認識しなくなってしまったUSBメモリーからのデータ復旧作業

見た目では折れ曲がっているのがハッキリと解ります。


目視では半田割れやコネクター結線の断線などは無く非常に厄介な案件です。 今、このUSBメモリーに起こっている事は?
基板内部の配線パターンが断線しているのです。 最近の基板は昔の基板とは違い、1枚の基板を複数の基板層から構成されている複層基板構成なので折れたり衝撃が加わると断線してしまうわけです。
こうなってしまった場合、配線パターンが追えればリード線などでジャンパーして暫定復旧します。 また、折れ曲がりが緩い場合や基板にテンションをかけて仮復旧出来る場合には、治具を使って(作って)データー抜き出し作業を行います。



当社ラボによるUSBメモリ復旧・USBメモリー修復・USBメモリーデータ復旧
物理作業療法 施工例 その9


↓このUSBメモリーデータ復旧費用
3万5000円+消費税

コネクター折れUSBメモリー破断部分 USBメモリー
経年劣化でコネクター部分が折れてしまったUSBメモリーのデーター復旧作業です
こうなってしまったら、当たり前ですがデータの読み出しは不可能ですよね。
こういった事例でも対応可能です!
USBメモリー修理品
このUSBメモリーは綺麗にコネクター部分が折れていたので、そのまま半田付け作業で修復を行い、データーの抜き出し可能な状態を作り、一時的な復旧を可能にします。

しかし、このままでは恒久的な使用には耐えられないので、復旧したデーターを別のUSBメモリーに再格納して納品しました。

今回のUSBメモリーは物理的な破損だけだったので半田付け作業だけでデータデータ復旧することが出来ましたが、通電状態で破損したものの多くは複合して論理障害状態に陥っている場合が多く、もうひと手間がかかってしまいデータ復旧用ソフトウエアを用いてデーター抜き出し作業を行う必要があります。


当社ラボによるUSBメモリ復旧・USBメモリー修復・USBメモリーデータ復旧
物理作業療法 施工例 その8


↓このUSBメモリーデータ復旧費用
3万5000円+消費税

USBメモリーのデータ復旧
通電しないUSBメモリー 原因はコネクター部分の半田割れ

認識も通電もしないUSBメモリーのデータ復旧依頼を九州のお客様からご依頼されました。
宅急便で届いたその日に分解して基板を確認するとUSBコネクター部分の半田が2箇所クラックが入っていました。この手のUSBメモリーは首の部分に力が掛かりやすく半田割れすることも珍しくは無いんです。
USBメモリー半田付け施工前
写真左:赤い丸に囲まれている部分が半田割れしています。 これが原因でこのUSBメモリーは通電不可・認識不可能な状況になっていました。 この半田割れ部分を再度半田付けすればデータを取り出せる可能性があるので当社で半田修復することになりました。

単純にコネクター部分の半田を付け直せば良いのですが、狭小部品なので短時間で上手く付けないと横にあるチップコンデンサーを焼いてしまいます。

こういった狭小部品の半田付けのコツは、あらかじめ細い筆などでフラックスを塗布しておいてから半田コテ先でフラックスと端子を暖めて(沸かして)一瞬で半田を流し込みます。
USBメモリー半田付け施工後
写真左:青い丸に囲まれている部分の様に半田が回ったら再度フラックスを細筆で塗布してからもう一度、半田部分を沸かして仕上げます。この作業で無事にUSBメモリーに格納されているデータにアクセスできるようになりました。

※再半田で端子接合を行ったUSBメモリーは暫定的な修復でしかないので、このままの状態で恒久的に使用することはお勧めしません。 
USBメモリー修理完了

当社ラボによるUSBメモリ復旧・USBメモリー修復・USBメモリーデータ復旧
物理作業療法 施工例 その7


↓このUSBメモリーデータ復旧費用
3万5000円+消費税

折れたUSBメモリー (半田剥離)USBメモリーデータ復旧ではメモリーを分解します。
折れてしまい接続部が破断してしまったUSBメモリー

USBコネクター部分の半田が割れてしまい認識出来なくなったUSBメモリーです。 この事例では破断してしまった部分を精密半田付けで仮接地させておいてデータを復旧しました。 特別難しい技術では無いのですが、施工できる業者さんは少ないようですね。

当社ラボによるUSBメモリ復旧・USBメモリー修復・USBメモリーデータ復旧
物理作業療法 施工例 その6


↓このUSBメモリーデータ復旧費用
3万5000円+消費税
USBメモリー破損状況USBの差し口が折れて取れてしまったUSBメモリー!
これってデーター復旧できますか?


ものの見事に首折れ?首もげ?のUSBメモリーです。

これはすごいですねえ・・・。
こんな状態になってもデーターって復旧できるのでしょうか?

普通は無理ですね!

でも私達が何とかしましょう!
コネクターが取れたUSBメモリー
※切断部拡大

割とキレイに剥がれているのが解ります。

この端子をUSBケーブルに接続して見ないとメモリーの破損状況は確認出来ないので、まずはケーブルの半田付け作業を行います。

この部分は割と小さいので半田付けには非常に気を遣います。

(写真左の方眼マス目は1センチ角)
USBメモリー修理状況
リード線を半田付けした様子です。

リード線のカラーサインはワザとUSBケーブルのカラーコードとは変えてあります。

理由は・・・。何故でしょう?

それは秘密です!?(爆)


さてココまで半田付けしたら、あとはUSBケーブルを切断した物とワニ口クリップで接続してあげて、データー復旧専用のマシンを用いてUSBメモリーの状態を解析していくのです。


この施術だけで安易にデーター復旧出来る場合もありますが、ここからもう一手間かけて論理障害からの復旧作業処置をすることもあります。

当社ラボによるUSBメモリ復旧・USBメモリー修復・USBメモリーデータ復旧
物理作業療法 施工例 その5


↓このUSBメモリーデータ復旧費用
3万5000円+消費税
激しく破損したUSBメモリーUSB端子から半田付けでリード線をつなぐ
USBメモリーデーター復旧状況見事に折れ曲がったUSBメモリー! これを復旧するんですか?
最近復旧したUSBメモリーの中で最高に大変だった事例です。
多くを語らなくても写真を見ていただければ良く解ると思います!!!!

とりあえず分解した物の、、、あまりの状況の悪さに唖然?!
それでもメゲズに半田付でリード線加工して通電を確保する。 次に外れてしまっているチップコンデンサーを秘密技で通電させる。 これでとりあえずUSBメモリーとしては認識しました。 ところがデータ領域が見事に論理障害で全く見えなかった(泣) 結局、物理処置をした後にデータサルベージ作業(論理的処置)を行い、無事にデータ復旧が完了しました。

当社ラボによるUSBメモリ復旧・USBメモリー修復・USBメモリーデータ復旧
物理作業療法 施工例 その4


↓このUSBメモリーデータ復旧費用
4万円+消費税
コンデンサーチップ不良 USBメモリーデータ復旧 全体写真コンデンサーチップ不良 USBメモリーデータ復旧 拡大写真
認識できないUSBメモリー・不良の原因はチップコンデンサーでした。

チップコンデンサー交換で無事にUSBメモリ復旧&USBメモリーデータ復旧
突然認識できなくなってしまったUSBメモリーです。 この手の障害事例は多く、原因は多種多様ですが当社持込USBメモリーで一番多いケースは写真上にあるようなチップコンデンサー不良ですね。 
この障害の場合、同一USBメモリーを入手してメモリーチップを移植するのがベストなのですが、同一規格USBメモリーの販売サイクルが短い為に入手が困難でデータ復旧までの時間がかかる事も珍しくありません・・・。 そこで当社の場合、障害のある部品(コンデンサー等)を精密半田付けで交換して認識させる方法をとっています。 この作業で認識することができればデータ復旧は、ほぼ成功したも同然です。


当社ラボによるUSBメモリ復旧・USBメモリー修復・USBメモリーデータ復旧
物理作業療法 施工例 その3


↓このUSBメモリーデータ復旧費用
5万円+消費税
裏技USBメモリーデータ復旧方法
USBメモリーのコネクター部分が折れただけでなく、半田取り付け面のパターンが剥がれて無くなった厳しいケース

USBメモリーのコネクターを半田付けする基板パターンがコネクター折れの際に剥がれてしまい半田取り付けが困難なUSBメモリーからデータ復旧を行いました。

半田付けするパターンが無いので通常では半田付けすることが出来ないですが・・・ くじけず、諦めず、基板表面ソレイド工具を使って削り取っていき細いパターン線を探り出します。

仮にそれが見つかっても半田付けすることは不可能なぐらい細いパターン線なので通常半田付けは考えず、細い針にリード線を半田付けしておいて、それを治具にかませて基板パターンに垂直方向から刺し込みます。 これで暫定的ですがUSBメモリーにアクセス可能になります。

※本当は社外秘施工方法なのでHPに載せるのはトホホなのですが・・・

当社ラボによるUSBメモリ復旧・USBメモリー修復・USBメモリーデータ復旧
物理作業療法 施工例 その2


↓このUSBメモリーデータ復旧費用
5万円+消費税
折れたUSBメモリーUSBメモリー修理状況
USBメモリー

コネクター折れ修理

データ復旧作業

基板パターン剥がれた復旧困難なケース

USBメモリーデータ復旧状況
施工例6よりも酷いパターン剥離

剥がれ落ちたパターンを削り取って極細のパターンラインを探し出します。

とてもじゃないが通常の半田付けは不可能なので針状の鉄線を尚細く砥いだものにリード線を先に半田付けしておいてから、削って探し出したパターンに強引に半田付けします。

これが上手くいけば、サクッとデータが抜き出せます。

※パターンを探すコツは?
パターンは奥に向かってだけでなく手前や横方向にも走っている事があります。360度すべての方角を探索していくのが成功の秘訣です!

当社ラボによるUSBメモリ復旧・USBメモリー修復・USBメモリーデータ復旧
物理作業療法 施工例 その1


↓このUSBメモリーデータ復旧費用
5万円+消費税
折れ曲がったUSBメモリー(チップ剥離)
折れてしまい記録チップが剥離してしまったUSBメモリー

USBメモリーを折り曲げてしまい、記録メモリー部分の半田が剥離してしまい認識出来なくなったUSBメモリー。
このケースは非常に厄介で再半田が困難なのです。 何故かと言うと、メモリーチップなどの半田はコテを使って付けるのではなく、専用の熱処理する機械を使用して温めるからです。 その為に基板自体が曲がっていると、いくら温めてもメモリーチップ端子が基板面に密着しないからなのです。 そこで対策として当社ではある処置を施します。 その方法はというと・・・ 企業秘密なのでココでは書けません(笑)


USBキー・USBドングルの修復 当施工例 その1
折れたUSBドングル修理費用
3万5000円+消費税
180SX自動車用USBドングル
自動車ROMチューン用コンピュータに使用するUSBキー(ドングル)の修復を行いました。 最近のプログラムはコピー品や海賊版防止の為に特殊なUSBキーを使用しないとプログラムが起動できないのです。 USBキーの構造は基本的にUSBメモリーの構造と変わらないので使用中に折ってしまうことが良くあるようですね。
USBドングル修理USBドングル修理完了
折れてしまったUSBキーをそのまま修復しても、また折れてしまうので下田商会では一工夫してフレキシブルなケーブル化&ソフトケース化作業を施して耐久性&実用性の向上する製品に改造します。

USBキー・USBドングルの修復 当施工例 その2
折れたUSBドングル修理費用
3万5000円+消費税
折れたUSBドングル・HASP修理します
USBの接続部分が折れてしまったUSBドングルって治りますか?

以外に依頼件数が多いのがUSBドングルの修理なのです。
USBドングルと言うとあまり聞いたことがない言葉だと思いますが、いわゆるソフトウエアの起動キーみたいな物です。 これがパソコンに刺さってないとプログラムが動かないんです。
しかも厄介なことに100万円くらいする業務用ソフトに多く採用されているからそう簡単には買い換えられない代物なんです。
普通は購入したメーカーに注文してUSBドングルのみ買えば良いと思うじゃあないですか?でも購入したメーカーが既に倒産して無かったり、サポート期間が切れていたりするとどうしようもない訳なのです。 そんな状態のUSBドングルでも修理できる可能性があるので、お気軽にお問い合わせください。
USBドングル・HASP修理完了写真USBドングル・HASP修理完了写真
再度、折れないように延長ケーブル加工を施します。

これにより再発するリスクが格段におさえられます。


※クリアケース加工によりアクセスランプの確認が可能です。
破損したUSBドングル・HASPUSBドングル修理・HASP修理
コネクターが破損している場合にはUSBケーブルを直接半田付けして修理します。

この作業の後に別のケースに格納します。
USBドングル修理・HASP修理USBドングル修理・HASP修理
このドングルもUSBケーブルを直接半田付けして修理した物です。

この作業後に別のケースに格納します。
首折れドングル・HASP首折れドングル・HASP 分解 状況確認
激しく折れてしまったUSBドングルの無残な姿!

コネクター部分のプラスチックまで折れて破損しています。
半田付け加工中 USBドングル・HASPUSBドングル・HASP 修復済み 動作確認作業

コネクターの端子部分にUSBケーブルを直接半田付けして修理した物です。


動作確認も無事に完了
安価なパソコン修理・データ復旧 下田商会 HOME > データ救出・データ復旧 > USBメモリーデータ復旧