パソコン修理スタッフ ブログデータが無くならないパソコン修理専門店 下田商会
TOPページへ
パソコン修理 下田商会の会社案内PDF版です
パソコン修理 営業時間 朝9時から夜7時まで
メールはここから送信できます
パソコン修理申し込み書類ダウンロード
訪問販売法の表記
下田商会の守秘義務・情報保全に関する社内教育・社員教育は防衛察本部コンプライアンス・ガイダンスを元に行っております。

下田商会 技師長(代表者)の自己紹介

職歴・業務経歴
代表の下田です。
下田 亮 年齢 45才
Shimoda Ryo
職務経歴海上自衛隊のコンピュータ技術者として各種コンピュータ業務を行う。(内容は機密扱いが多いが当時としては画期的なコンピュータ上での擬似戦闘や疑似災害派遣などを行う。護衛艦・潜水艦・航空機などでのコンピュータ業務も多数経験する。(専門は水上艦艇)

退官後、富士通系列の大手商社に移籍して官公庁に出向する。出向先は大磯町役場・茅ヶ崎市教育委員会・大和市役所などを中心に約10年間、地方自治体庁舎内でコンピュータに関わる業務全般に従事する。

その実績を元に下田商会を起業して現在に至る。 

自衛隊広報活動中の下田技師長自衛隊広報活動中の下田技師長

下田商会業務の合間に自衛隊広報のお仕事もしています。 平成23年 江の島にて撮影

教育委員会時代の写真教育委員会時代の写真大和市教育委員会
教育研究所 勤務時代の写真

平成14年当時
教育委員会時代の写真
教育委員会時代の写真教育委員会時代の写真
茅ヶ崎市教育委員会

中島中学校 勤務時代の写真
平成13年当時

空から見た海上自衛隊 横須賀教育隊 平成元年撮影
海上自衛隊 横須賀教育隊 平成元年入隊
YTC274期練習員過程卒

空から見た海上自衛隊横須賀教育隊

平成元年の空撮写真なので現在とはかなり変わっています。

開隊30周年観閲式
海上自衛隊 横須賀教育隊 開隊30周年当時の人文字写真
現役当時は戦前からの海軍式教育法が主流で戦争体験OBからのお話も良く聞くことが出来たものです。

平成元年当時で開隊30周年だったのです。

開隊30周年観閲式
横須賀衛生隊時代の写真
海上自衛隊員時代
最終所属部隊 横須賀衛生隊 第一衛生科

当時は自衛隊横須賀病院と第一衛生科の両方で仕事をしていました。

練習艦隊「かとり」遠洋航海実習
海上自衛隊横須賀教育隊時代の下田技師長
27年前の下田技師長の姿!
(一番左)

現在よりも-12kgも軽かったんです。

まずい、痩せなくちゃ!
起業コンセプト
その昔、自分が使っているノートパソコンのハードディスクを交換したくて地元のパソコン専門店へ行きました。  そこで店員さんに自分の持参していったパソコンマシンを見せて「このパソコンに合うハードディスクをください」とお願いしたところ。 店員さん曰く「こんな旧いパソコンに適合するハードディスクはもう販売していませんから新しいマシンを購入したほうが良いですよ」とのこと。

当時はあまりWindowsマシンに興味が無く、仕事に使うだけだったのでパソコンショップの店員さんに言われるがまま新しいパソコンを購入しました。 しかしその後に自分が社内(当時勤めていた会社)で建設CALSなるものの推進責任者になり、会社のお金を使いながら猛勉強!そのうちに自分の持っていたあのノートパソコンのハードディスクが交換可能だった事がわかりました。(ショップ店員さんの嘘つき!!)。

その後も自社サーバー構築や社内ネットワークを構築していくうちに、いかに街の量販店(パソコン専門ショップ?)の技術説明がいい加減な事と、知識の無さを目の当たりにしてしまいショックでした。 (特にMacユーザーの方は気をつけた方が良いですよ。にわかプロ店員が多いですからね。)

それ以外にも私の知人や友人達のパソコンが不調になってしまい、メーカーの修理窓口やヘルプデスクに電話したときのメーカー側の対応の悪さ。簡単な質問には答えられるのですが一寸でも相手側のマニュアルにない症状や解らないケースの場合には、いきなり再インストールしかないと言われて大切なデータが消失してしまう様な対応しかしてもらえないのです。 (それはいまでも変わっていないようで修理不可能やデータ救出不可能の烙印を押されたパソコンが当社ではデータが取り出せたり、簡単に修理できることも多いのです。)

しかもメーカー修理に出すと中に入っているデーターはすべて消されて帰ってくることがあたりまえでした。 修理依頼時には受付担当の人に「修理の前にはバックアップを取っておいてください」と言われました!でもね?動かないPCからどーやってバックアップを取るの?? 聞いても誰も知らないし 誰も助けてくれません。 何度必要なデーターを失ったことか。  この対応は今でもどこのメーカーでも同じですね。

そんな辛い思いをするのもう嫌だ! そうか、そういうサービスを提供する会社が無いのであれば自分で作ってしまえ!!
といういきさつで、平成13年1月に起業しました。 

元々、技術系の仕事をしていた関係で、研究開発や職能開発には問題がなかったことに加えて、技術交流・技術提供していただける研究機関やデータ救出業者に恵まれたおかげで短期間に専門技術の習得が可能となり、国内でも上位ランクに近い専門業者となることが出来たのです。 (おかげさまで現在では技術社員5名体制で頑張っております。)

というわけで昔、自分でいやな思いをした分だけユーザ様の気持ちは解るつもりです。

会社で使っているパソコンや個人で使っていて大切なデジカメ写真などが入っているパソコンなど、様々なデーターの重要性は誰よりも解ります。
だって自分自信がユーザーだったのですから。。。

(子供の写真や思い出の写真は特に安価に行います。 当社の人情割引制度!!です。)

メーカーでは出来ないサービスを迅速かつ安価に提供する!それをメインコンセプトに掲げて日夜仕事に励んでおります。PCのことで困ったときにはお気軽にお問い合わせください。